低用量ピルについて調べる女性

低用量ピルは正しく服用すれば100%避妊することができます。また月経痛や月経不順、ニキビ改善などにも効果があります。当サイトでは低用量ピルの仕組みについてご紹介していきますので、低用量ピルのことを知らない方は参考になさってみてください。

低用量ピルとロキソニンの併用は効き目に影響がある?

低用量ピルは、避妊や女性特有の症状に対する治療を目的に幅広く使用されています。ただこの低用量ピルは長期間にわたって服用することで効果を得られる薬ですので、場合によってはどうしても他の薬と併用せざるを得ないときがあります。薬を併用した場合、それぞれの薬の効き目が悪くなったり、反対に効きすぎて体に重い負担がかかることがありますので、使用に対しては十分に注意することが必要です。
日常生活を送るなかで、服用する機会の多い薬はたくさんあります。たとえば鎮痛剤のロキソニンなどはその代表です。頭痛や生理痛の症状を緩和する目的で使用されることの多いロキソニンは、効果が高いことはもちろん、ドラッグストアなどでも簡単に入手できることから多くの人が利用しています。ですから低用量ピルを服用している人が、このロキソニンの服用を検討する機会も多いはずです。そこで気になるのは、低用量ピルとロキソニンを併用することで問題は起きないかということになるでしょう。
基本的に低用量ピルとロキソニンを併用しても、効き目には全く問題ありません。低用量ピルは一部の抗生物質などでは併用禁止の場合がありますが、鎮痛剤のロキソニンに対しては併用禁忌や服用に注意を要する薬として注意喚起されているわけではありませんので、両方の薬を併用することは可能です。どうしても気になるようであれば、医師や薬剤師に低用量ピルを服用していることを伝えて、問題が起きないかどうかを確かめてみるといいでしょう。なお最近は個人輸入の通販サイトを通じて薬を購入する人も多いのですが、全ての薬には何らかの副作用がでる可能性がありますので、安易な自己判断だけで利用せず、まずは医師に相談してからにしましょう。